JUCO. NEWS & BLOG

JUCO. an artisan, makes her original designed shoes.
日本各地へ〜広島編〜
お久しぶりです。ジュコです。

猛暑と呼ばれた夏の日差しも和らぎ、
少しずつ過ごしやすい気候になってきましたね。

さてさて早いもので、'15-'16A/Wコレクションが立ちあがりました。

仕上がったものから、各店舗さまや個人のお客さまへ、お届けが始まっています。
久しぶりになってしまいましたが…サイトも更新しました◎

http://jucojuco.com/

是非、ご覧下さいませ。


次の春夏の構想に入っています。
というか、作り始めないと、ヤバいシーズンに突入してきました…ハハッ!

この夏、とあるライブにナカタちゃんといったのですが、
「今、新曲書いてるんだけど、締め切りが苦しい〜〜休みたい…!」と
大好きなミュージシャンも、叫んでました。

ミュージシャンも孤独なのね…と共感しつつ、ライブはやっぱり最高で!

彼にとっての表舞台はこの最高のライブなんだろうと思ったら、
「私たち作り手にとっての表舞台は展示会だね〜!」と勝手に重ね合わせて、
たくさんのエネルギーをもらって、気合いを入れたチーム JUCO.です。

みなさんに笑顔で会える日を楽しみに、がんばるのです。



7、8月はプライベートからお仕事まで、
広島・東北・金沢と、日本各地色んなところへ行ってきました。

海外旅行も大好きですが、国内旅行も魅力的です。
何よりも、ご飯が美味しい!
お野菜もお魚もお肉も、地場のものを新鮮に頂く、これ以上にない贅沢ですね。


まずは、ずっと行ってみたかった広島へ。


原爆ドーム。

戦後70年のこのタイミングで、訪れることができて良かった。
絶対に、二度と、同じ過ちを犯してはいけない。
地元の高校生が、原発再稼働の反対の署名活動をしている姿がとても印象的でした。



尾道デニムのショップ。

広島で作られたオリジナルデニムを、尾道の色んな職業の人に履いてもらって、
1〜2年後に回収し、工場で職人さんが洗いをかけ、きれいなあたりを出し、店頭で販売する。

なので、職業によって色落ち加減や雰囲気も、値段も、サイズもそれぞれ。

自分のあたりがどんな風に出るのか、
自分だけのデニムを育てるぞ!と意気込んで、一本購入〜



尾道の商店街に佇む、ガラスのデパート。
こういうお店、大好き〜 80's臭がプンプンするガラスのコップをゲット。



尾道のおしゃれスポット、U2。
倉庫をリノベーションして出来た、レストランやセレクトショップが入ってました。
ホテルもとってもシャレてた〜



今回の広島の一番の目的地、「WOOD PRO」さんへ。

足場板を中心にしたお店なのですが、D・I・Yのお店なので、
自分で好きなモノが作れるように、かわいいフックや釘や、インテリア商品が盛りだくさん!
近所にあったら、さぞかし楽しいだろうな〜


イェンス・イェンセンさんのお家型のツールボックスを作る、ワークショプに参加しました〜
ドリルとか、久しぶりに触ったな。


好きにペイントまでして、完成〜!


イェンス・イェンセンさんレシピの素敵なご飯も頂きました。

このプレートも、新品の足場板。
クルミをこすりつけて、クルミオイルを板に馴染ませて、完成です。


宮島も良かった〜 のどかでした〜〜


一度は訪れてみたかった嚴島神社。

夜の顔も、朝の顔も、どちらも美しい。

海外からのバックパッカーの方が多くて、びっくり。
どうやらキャンプ場があるみたいで、次はキャンプもいいな〜なんて。

もみじまんじゅうに、美味しいコーヒ屋さん、
食べるものも美味しそうなものばかりで、全然時間が足りなかったな。


今年のお正月は直島に始まったのですが、瀬戸内海の雰囲気、大好きです。



東北編、金沢編へ続く〜
- comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>