JUCO. NEWS & BLOG

JUCO. an artisan, makes her original designed shoes.
手作り、ということ。
「これって、ハンドメイドですか?」

「全部、手作りですか?」



展示会で、よく聞かれる質問の一つ。

ハンドメイド、手作り。確かに、手作りです。



「1点、1点、手で作っています。ただ、私の手ではなく、職人さんの手作りです。」

いつも、こう答えています。



最初は、本当の本当に最初はね、全部、自分自身の手作り。

それは、それに美学があった訳ではなくて、ただ自分で作るしか知らなかったから。

出来ることが知識的にも、技術的にも、限られていたから、

色々な工夫をしたし、色々考えて、必死で作っていた。



ある職人さんが言っていた言葉。

「手作りだから、という理由で美しくない仕事をすることと、手作り、は全く違う。

本当の手作りっていうのは、機械では表現出来ない、機械以上に美しい仕事をすることが手作り。」



それは、デッサンを勉強していた時に見たピカソのデッサンが、

あり得ないくらいに美しかったことを思い出した。

私も、モノづくりに対して、ずっとそう思っていた。



靴は特殊だと思っていて、ファッションの一部でありながら、

手仕事の割合が多く、クラフト的な印象や要素が十分あるから、

「手作り」っていう言葉で許せてしまう部分が沢山あるんですね。



もちろん、自分の靴が最初から商品のようにきれいだった訳でもないのだけど、

だからこそ、自分の手が職人に向いていないと気づいた時から、

早く職人さんに作ってもらえる靴になりたかったし、靴ブランドを作りたかった。

色んな職人さんと対等に仕事が出来る、信頼ある人になりたい、と思っていた。



私は、JUCO.の靴を作ってくれている職人さん達を心から尊敬しています。

だから、そんな人達と仕事が出来ていることを誇りに思い、

手でモノを生み出すことの素晴らしさを、JUCO.の靴で伝えていきたいと思っています。



いよいよ、春夏コレクションの生産がスタートします。

楽しみに待って下さっている方を想像して、

その人の日常が楽しくなるような、

毎日を特別にしてくれるような、

そんな靴をお届け出来るようにがんばります。






- comments(2) -
Comment








私の「キラキラ王子」の靴。
先日も、こちらの美容師さんにほめられました〜。
あれを履くと特別な気分になる。
寒いので、これからは、長い暖かいブーツがメインなのだけど、
「スパゲッティー」や「男前」も、お洒落したい時には、履いちゃおうーー。
JUCOちゃん、LONDONの寒い冬にも無敵で、誰よりもオシャレなブーツが欲しいです。。
from. londonのスパゲッティー | 2012/11/20 03:48 |
わ!嬉しいです。
今シーズン、ムートンで中がモコモコの
かたまりシワブーツがおすすめですー!
ロンドンの冬にかなうかわかりませんが…
日本の冬は越せそうなブーツです◎

ロングブーツ、次回コレクションでチャレンジしてみたいです。
from. JUCO. | 2012/11/20 11:13 |
<< NEW | TOP | OLD>>