JUCO. NEWS & BLOG

JUCO. an artisan, makes her original designed shoes.
展示会レポートとロングバケーション。


今週の火曜日に、無事に展示会が終わりました。

東京展では初めての浅草のアトリエのみでの開催とあって、
どれくらいの方にお越しいただけるんだろうか…とドキドキしておりましたが、
お天気にも恵まれ、本当にたくさんの方に足を運んで頂きました。

お越しいただきました皆さま、ありがとうございました!


まずはGWのお休みのお知らせから。

一足早いですが、JUCO.は明日よりお休みとさせていただきます。

◯休暇期間◯ 4月27日(金)〜5月6日(日)

お問い合わせにつきましての詳しいご返信は5月7日(月)より順次ご連絡させて頂きます。

たくさん働いたあとは、ロングバケーションを。ご不便おかけしますが、ご了承くださいませ。

______________________________________


合同展でスタートした展示会。

今年の目標は「海外進出!」と掲げていたので、早々に申し込んだ初めての展示会は〜上海!
Xin Tokyoというショールームから、初参加させて頂きました。


到着!上海らしいビル群。
STOFの谷田さんをはじめ、仲良しのブランドさんもたくさんいたので、着いたらあとは流れに身を任せて〜




靴の販売は中国でもサイズ問題があるため、なかなか難しいかも…と心配だったのですが、
とてもいい場所をご用意いただきました。ありがたい!



たくさんの方に、手にとってご覧いただけました。
言葉はもちろん通じないのですが、モノがあるとそれだけで反応は感じられるのが楽しいところ。



プレスのカシさんにも、JUCO.を履いていただいて。とっても似合ってて、嬉しい〜!



夜はやはり円卓で中華!うまうま。



ホテルで朝ごはん。知ってる方がたくさんいたので、なんだか修学旅行のような気分にすらなるリラックス感。



ちょっと抜け出して雑技団へ行ったりもしました。



最後はみんなで記念撮影〜!

初めての海外展は、体力との勝負感もありましたが、
仲良しのブランドさんたちに支えられて、とても楽しく貴重な経験をさせて頂きました。



帰国したら、まず食べたくなったのは回転寿司〜中華も美味しかったけど、やっぱりダシ最高。




<大阪展>は「JUCO.とtsutaeとYEAH RIGHT!!」






靴とお洋服とストールがあると、コーディネートで考えてもらえるので、見ているこちらも楽しい!
好きなブランドさんたちとの合同展は、ちゃっかり自分自身もたくさん試着しまくれるので、
個人的にも贅沢なひとときなのです。

関西のお客さまはやはりノリがいいので、その人に似合いそうなお洋服やストールを
勝手に選んでおすすめして、着てもらうのも好きな時間!


特殊なカメラで記念撮影〜!なんと360°撮影できるって、どういうことなのか。




<東京展>は靴の街・浅草のアトリエにて。らっしゃい!らっしゃい!



靴ができるまでの映像に夢中の少年。将来有望。



職人さんのかわいいサメピンコーディネート、発見!



一日限定で、イチゴ屋・つくばねファームさんにお越しいただきました!

ここのイチゴが大好きで、友達が遊びに来たらイチゴ狩りしに行ったり、夏はかき氷を食べに行ったり。
JUCO.ではイチゴ串をご用意させて頂きました。


イチゴパワーでお客さんも和気あいあい〜イチゴを食べながら、靴を悩む、悩む。




今回のノベルティ。さてさてなんでしょう?



ビニール傘をわかりやすくしてなくさないための・目印タッセル〜!

JUCO.にてオーダーいただいたに差し上げているのですが、
いつも楽しみにしてくださる方も多く、皆さんナイスリアクションで作りがいがあります。



そんなこんなで駆け抜けた一ヶ月でした。
年が明けたと思ったら、あっという間に5月になろうとしていて、
驚くほどのスピード感で過ごしていますが、明日からはグッとスピードを緩めて過ごしたいと思います。


何年やっていても、展示会前は本当にドキドキするもので。

悩みまくって生まれた靴たちが、仕上がって目の前に並んでいる姿を見て、
「みんな、ガンバレ!ガンバレ!」と声をかけてしまいたくなる、分身のような存在。

そんな靴たちを、お客さまが目の前で嬉しそうに履いていただけると、


「この仕事、やってて良かった。」


と、全てが報われます。

そして、これ以上の仕事は自分にはない、と思える幸せ。

JUCO.の靴作りに携わってくださる、全ての職人さんに心から感謝致します。

そして、JUCO.の靴を履いてくださる全ての方へ、より良い靴をお届けし続けられるように
目の前のことを、丁寧に一つづつ積み重ねていきたいと思います。

皆さま、本当にありがとうございました。


ここから、地方の受注会も予定しています!

GW中の5/3(木)〜5/6(日)までは、仙台のTRANCEさんにて受注会、

5/9(水)〜15(火)は銀座・松屋さんでのイベント「銀座・暮らしの商店街」に参加、

ラストは、5/18(金)〜5/20(日)の三日間・つくばのシンゴスターリビングさんにて受注会を予定しています!

詳しくはインスタやフェイスブックにて随時更新していきますので、
お近くの方は是非お気軽に足をお運びくださいませ。



皆さまも穏やかで、楽しいGWをお過ごしくださいませ〜!


JUCO.
- comments(0) -
JUCO.のクツ展 '18-'19 Autumn&Winter collection


桜が満開を迎えるころ、"JUCO.のクツ展"がはじまります。

たくさんの方に靴の街・浅草をもっと知ってもらえたら、という想いから
東京展は初の浅草のアトリエのみで2週に渡っての開催となります。

下町ならではの景色、隅田川の桜並木、春のお散歩にどうぞお出かけ下さい。



JUCO.のクツ展
'18-'19 Autumn&Winter collection "ORCHESTRA"


<東京展>
'18.4.6(Fri)-4.8(Sun) '18.4.19(Thu)-4.24(Tue)
12:00-19:00(最終日のみ18:00まで)
JUCO. design room 東京都台東区東浅草1-9-4
4.20(Fri)には、つくばねファームさんのいちごスタンドが登場します!

<大阪展>
'18.4.12(Thu)-4.15(Sun)
11:00-19:00(最終日のみ17:00まで)
Gallery Sasaki 大阪市中央区心斎橋筋1-6-4 佐々木ビル3F
*お洋服ブランド YEAH RIGHT!!・手織りストール tsutaeの3ブランド合同展です。

*お手数をおかけしますが、バイヤーの方は事前に
必ずアポイントのご連絡を下さいますようお願い申し上げます。

*展示会はDMご持参の方に限らせて頂きます。
DMのご希望の方は、必ずお名前(フルネーム)&ご住所を明記して頂き、
info@jucojuco.comまでメールをお送り下さいませ。
(受付は〜3/30(Fri)までとさせて頂きます。)

JUCO.お取り扱い店でもDMのお渡ししております。
各店舗さまへ、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

_____________________________________________________________________

バイヤーの皆さまに向けての展示会は、一足早く来週の火曜日からスタートします!

国内での合同展"SITE OF INCIDENCE"を皮切りに、
初の上海の展示会"ontimeshow"のXin Tokyo Vol.4 へも出展します。

<SITE OF INCIDENCE 18AW>
'18.3.27(Tue) 12:00-18:00 3/28(Wed) 11:00-17:00
LIGHT BOX STUDIO AOYAMA 東京都港区南青山5丁目16−7
with Aquvii,bedsidedrama,JUCO.,rikolekt,sneeuw,STOF,YAGA,Youmolaugh

<SHANGHAI "Ontimeshow" Xin Tokyo Vol.4>
'18.3.29(Thu)-4.1(Sun)
CONTACT: Open-Clothes
Yasu mail_info@oc-x.jp
feng mail_1574912087@qq.com


いろんな国の方の反応が楽しみです。バイヤーの皆さまは是非、お越し下さいませ。
_____________________________________________________________________

静かでありながら、強い存在感。
シックでありながらもスタイリングのスパイスになるようなコレクションに仕上がりました。


革とムートンのオリジナルパッチワークで作った靴や、
JUCO.オリジナルカラーのビブラムソールを使用したファスナーブーツ、
去年の秋冬に続いて、手織人・酒寄剛史さんによる手織ベルトを使ったローファーや
リクエストの声をたくさんいただいていた、2wayバックも久しぶりに登場します。

そしてもう一つ!
秋冬定番のサイドゴアを"あなただけの一足"として、
ソールのテープやヒールの素材など、お好きな組み合わせでオーダーしていただけます。
あの時の、あの組み合わせのものが欲しかった…!なんて方のために、
ずっと履いていただけるお気に入りの一足をご提案させていただけたらと思います。


DMのアートディレクションはdatoaの斎藤茜さん。
文字の組み方やグラフィックのラインが美しいデザイナーさんなので、
また新しいJUCO.のビジュアルが誕生しました。


今回もたくさんの方にご協力頂き、無事にお披露目出来そうです。
レディースはもちろん、メンズの方にも楽しんでいただけるかと思いますので、
是非、たくさんの方にご覧頂けたらと思います。



春夏のクツたちも、お手元に届いた方もいらっしゃるかと思います。
まだの方は、順次発送させて頂いておりますので、今しばらくお待ち下さいませ。

まだまだ冷える日々もありますが、少しずつ暖かくなり、春を感じます。
桜の開花予想もチラホラと耳にしますが、浅草での東京展まで少しでも持つといいな。

展示会でお会い出来るのを、スタッフ一同、心より楽しみにしています。

JUCO.
- comments(0) -
モノを作る仕事。
ジュコです。

年末からのスピードに、ビックリするのは毎年恒例のこと。


私自身、日記がわりにインスタを愛用するようになり、
世の中もここ2〜3年で発信の中心はSNSに移行しつつあるように感じますが、
そんな中でも、ここを読んでくださっている方には、
ここでしか伝えられないことをお届けできたらなと思います。


今の時期のJUCO.はちょうどZOZOさんでの予約会がスタートして、
春夏の新作を一気にお披露目したので、皆さんからの反応にドキドキしています。

展示会の時とはまた違ったドキドキですね。


春夏の生産の靴たちが職人さんから少しずつアトリエに届いて、
納品に向けての準備と、次の新作に向けての準備が交錯し、
日々、やらなければならない現実のことと、出来ればやりたい未来のことの間を進んでいます。

私の役目は次の秋冬に向けて、デザインを出して、サンプルを作って、失敗して、
こんなの作ったらいいかな!と思って手を動かしていくうちに、
急にそのデザインに飽きてしまったり、やめたくなったりして放置。
10日後とかに、ふと目に入って、やっぱりいいじゃん。みたいなことを繰り返しています。


「モノを作る仕事って良いですね。」

「モノを作る人になりたいんです。」

なんて言葉が、色々な方との会話の中に入ってくるのですが、
靴作りは一人では出来ない仕事なので、私にとっては
「モノを作る=人に動いてもらう」ということになります。
いわゆる自分の手を動かして作り上げる、ということとは少し違うかもしれません。

世の中の大半を占める靴とJUCO.の靴が少し違って見えるのは、
作ってもらう職人さん個人を把握し、その人の得意を考えて、
どういう工程をお願いし、どこで自分たちの手作業を組み込んで作るのか。

「生産工程をデザインする」ことが「モノ作り」である、というところにあるように思います。

いつも思うのは、まだ見ぬ靴を作るというのは難解で苦しい作業だということ。
ここは何年経っても変わらないです。
そして、苦しいくらい向き合えることはとても幸せなことだな、とも思います。


シューズデザイナーという職業ではありますが、
小さな会社とはいえ運営もしていかなければならないので、
他に付随してやらなければならないことも山のようにある中で、

「経営もデザインするのがデザイナーの仕事」
という、川久保玲さんの言葉を思い出して支えられています。



ファッションデザイナー・ドリスバンノッテンのドキュメンタリー映画。

この映画は最近観た中でも、とっても良かったです。

もともと雑誌などで見かけたりして、素敵だな〜と思うとドリスのお洋服だったことはあったので、
気にはなっていましたが、お店に出向いたこともなかったくらい。

「自分が良いと思うか、かっこ悪いか。」
しっくりくるまで向き合う、ひたすらに納得がいくまで、待つ。
大きなメゾンでも、気持ちは純粋で、全ては自分の感性。

こういう時に自分と重ねたりして共感できることが、「モノを作る人」の特権かもしれません。



つくばでの休日は、たくさんのインプット。
シンゴスターさんへランチがてらお花のお買い物へ。
なかなか近所に素敵なお花屋さんがないので、見れるだけでも気持ちが満たされます。


益子のpejiteへ足を伸ばしたり。
初めて行った時はその建物しかり、商品のかっこよさに衝撃を受けました。
ちゃんと日常的に利用できる価格帯ということも大きな魅力で、
ここで買った深いネイビーのお皿にのせると、料理がとても美しく見えるのです。


つくばに引っ越して、この土地ならではの文化があり、そこにしかないものがとても魅力的に見えます。
海外旅行も好きですが、大人になると日本国内の魅力的な場所にもっと訪れたいと思うようになってきました。

そんな中、自分が発信できる街はどこかと考えたときに、やっぱり浅草かなと。

まだまだ知られていない靴の街・浅草をもっと知ってもらえたら、という想いから、
次の東京展は初の"浅草のアトリエ展"のみでの開催となります。
今のJUCO.を知っていただくには、等身大で一番おもしろい場所だと思います。

アクセスは決して良くありませんが、その道中やアトリエならではの企画も
楽しんでもらえるように工夫したいなと思っています◯

もちろん大阪にも出向きますし、初めての上海の展示会も決まりました!
バイヤーさん向けの合同展にも出展しますので、関係者の方はこちらに是非お越しくださいね。

皆さまにお越しいただける展示会の詳しい日程は、また改めてお知らせさせていただきますので、
ご興味ある方は、info@jucojuco.comまでご住所とお名前(フルネーム)をお知らせくださいませ。

準備が整い次第、DMを郵送させていただきます。


今日は2月12日。
世の中は祝日ですが、勝負の1週間の幕開けです。

まだまだ冷え込む朝が続きますが、つくばの梅が色づき始めたのを目にして、
着実に春は近づいてきているんだな、と感じます。

春夏のお届けも、スタッフ一丸となって進めておりますので、
どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

JUCO.ジュコ
- comments(0) -
ZOZOTOWNでの予約会がスタートしました。
こんにちは。JUCO.スタッフの船越です。

本日、ZOZO TOWNにて
JUCO.'18Spring&Summer Collectionの予約会がスタートしました!


ふわりと跳ねる足 みずみずしい光 気軽に 気楽に 今日はどこへ行こう

浅草にアトリエを移してから初めてのコレクションは、
カラフルで、元気になる靴たちをご用意しました。
浅草の職人さんによって編まれた、色彩豊かなメッシュのシリーズや、
まるで動物の足先のようなヒヅメサンダルシリーズ、
くるくるとパーマのようなクセの付いたフリンジスリッポンなど、
今回も豊富に取り揃えております。

また、前回好評でしたメッシュの長財布や、新作の靴下も登場します。


寒い日が続きますが、これからの春夏に向けて今回も特別な靴たちが揃いました。
数・サイズに限りがございますので、この機会に是非ご覧くださいませ。

ZOZO TOWN予約会サイト→ 

ブログにて一部ご紹介。

◯1-61 HIZUME : シロヤギサンダル ¥49,680(tax include)


◯1-63 Fringe : 波乗りルージュサンダル ¥47,520(tax include)


◯2-64 Mesh : バスケットスリッポン ¥51,840(tax include)


◯2-65 Fringe : くせっ毛スリッポン ¥52,920(tax include)


◯4-63 Mesh : 木漏れ日レースアップシュー ¥60,480(tax include)


◯5-36 Basic : サングラスブーツ ¥75,600(tax include)


◯15-18A/B/C Wallet : 木漏れ日長財布 ¥37,800(tax include)


◯10-13A MARCOMODE : ヒヅメソックス ¥3,240(tax include)



また、全国のJUCO.お取り扱い店でもご購入頂けます。
ご希望の商品のお問い合わせなどございましたら、
info@jucojuco.com までお気軽にお問い合わせ下さいませ。


JUCO.船越
- comments(0) -
あけましておめでとうございます。


あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

2017年はたくさんの変化が訪れた年でした。

春に新しいスタッフを迎え、"靴の街"である浅草にアトリエを移しました。
秋には初めてのアトリエ展を開催し、自分たちにとっても、新鮮な展示会となりました。

職人さんに囲まれた浅草は、靴を作る人として何よりも贅沢な環境だと感じます。

あなたの日常に寄りそう、心踊る靴。

そんな靴を目指して、フットワークも軽やかに、
楽しみながらのチャレンジある一年にしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

JUCO. design room inc.
スタッフ一同

*新年は1/5(金)より、仕事始めとさせて頂きます*
- comments(0) -
| 1/63 | >>